TRAFFIC Logo

Wildlife Trade Specialists

Indian Pangolin Manis crassicaudata  © Gerald Cubitt / IUCN Pangolin Specialist Group

Trade in Asian pangolins

Indian Pangolin Manis crassicaudata © Gerald Cubitt / IUCN Pangolin Specialist Group

i

Published 14th July 2009

  English | Français | Chinese 

Download report

センザンコウへの需要の高まりを歯抜けの法律が助長

(シンガポール、2009年7月14日)センザンコウの主要な専門家のグループによれば、主に中国本土におけるセンザンコウへの需要の高まりは、法律が緩いことから悪化しており、歯のない、アリを捕食するこのユニークな動物を、彼らの本来の生息地から消し去ろうとしている。

センザンコウへの需要の高まりを歯抜けの法律が助長

Report author(s):
S. Pantel and S.Y. Chin (eds)

Publication date:
July 2009


Notes:

アジアには4種のセンザンコウがいる。インドセンザンコウManis crassicaudata、M. culionensis、マレーセンザンコウM. javanica、ミミセンザンコウM. pentadactyla。

商業規模で飼育繁殖することはできないため、違法に取引されるすべてのセンザンコウは野生から獲られたものである。

野生では、センザンコウの繁殖速度は遅く、一度にたった一頭の子しか産まない。このため、過剰な利用に対して個体群は特にぜい弱である。