TRAFFIC Logo

Wildlife Trade Specialists

Eel farming in Japan © Vicki Crook and Hiromi Shiraishi / TRAFFIC EXAMPLE LINK FOR CUT OFF

ウナギの市場の動態: 東アジアにおける生産・取引・消費の分析

Eel farming in Japan © Vicki Crook and Hiromi Shiraishi / TRAFFIC EXAMPLE LINK FOR CUT OFF

i

Published 13th July 2015

  English | Chinese 

Download report

ウナギの市場の動態: 東アジアにおける生産・取引・消費の分析

【東京発 2015年7月6日】

 東アジアにおけるウナギの生産・消費パターンは絶えず変化しており、新たな市場や取引ルートが生じている。ウナギの保全管理措置の実施のためには、国際的な協同が必要であることをトラフィックの新たな報告書が示した。

ウナギの市場の動態: 東アジアにおける生産・取引・消費の分析

Report author(s):
Hiromi Shiraishi, Vicki Crook

Publication date:
July 2015


Notes:

【注記】

用いたデータには、国際連合食糧農業機関(FAO)の世界生産量・取引の数値、中国・日本・韓国・台湾が養殖場への稚魚の池入れ量の制限に合意した「共同声明」に付属するデータ、うなぎネット、UN Comtrade、東アジアの税関、ワシントン条約取引データベース、文献・オンライン調査、利害関係者への聞き取り、オンライン・実地の市場調査が含まれる。


About CITES

CITES, the Convention on the International Trade of Endangered Species of Wild Fauna and Flora, is an international agreement between governments that aims to ensure that international trade in specimens of wild animals and plants does not threaten their survival. Find out more here.

About TRAFFIC

TRAFFIC is a leading non-governmental organisation working globally on trade in wild animals and plants in the context of both biodiversity conservation and sustainable development whose mission is to ensure that trade in wild plants and animals is not a threat to the conservation of nature. More information at www.traffic.org