TRAFFIC Logo

 

Published 5th September 2011

  English 

マレーシア:過去3ヵ月で3度目の大規模象牙押収事件

【マレーシア、クアラルンプール発、2011年9月5日】
 王立マレーシア税関は、マレーシア最大の港クランで、695本のゾウの牙で満たされた2つのコンテナを押収した。今回、過去3ヵ月のうちで3度目の大規模な象牙押収事件となった。


マレーシアで押収された700本近くの象牙を調べるダトゥク・ザイヌル氏 © Star Publications (M) Berhad

「再生工芸プラスチック」とラベリングされていたこの積荷は、タンザニアを出所とし、中国に向かうことになっていた、と税関局長補佐(Customs assistant director-general)のダトゥク・ザイヌル・アビディン・タイブ(Datuk Zainul Abidin Taib)氏は言う。

 重さ 2 t 近くのこの象牙は、南京袋に詰められ、プラスチック材の下に隠されていた。これはペナンで2週間前に押収されたのと同じ手口だった、とザイヌル氏は言う。

 8月21日に起きたペナンでの押収事件では、アラブ首長国連邦から運ばれてきたコンテナに664本のアフリカゾウの牙が隠されていた。「使用済みプラスチック」と申告されていたこの重さ1.5 t の象牙は、マレーシア半島の北西にあるバタワース港で押収された。

 7月8日の押収事件は、野生生物・国立公園局(the Wildlife and National Parks Department)と税関局(Customs Department)が、ジョホール州の最南端のパシルグダン港で、合板として申告されていた405本のアフリカゾウの牙の入ったコンテナを押収した。

 直近の押収事件について、一般からの情報なしではこの押収は不可能だった、とザイヌル氏は言う。

 「一般の人々が今後も税関に協力し、タイムリーな情報を提供してくれることを期待する」と彼はトラフィックサウスイーストアジアに語った。

 これまで逮捕者は出ていないが、3つの最新の事件に関しての捜査は続く、とザイヌル氏は言う。

 香港やケニアやタンザニアから来た象牙の目立った押収事件の中で、マレーシアが積み替え地点としての役割を持っているとして、ここ数ヵ月間は厳しい注目を浴びている。

 「マレーシアでの一連の大規模な象牙の押収事件の中で今回の事件は、心強くもあり、また残念でもある」とトラフィックサウスイーストアジアの地域事務局長のウイリアム・シャイードラ博士は言う。

 マレーシアの当局が問題への対策をとることができ、また、対策をとる姿勢を見せていることは心強い。残念なのは、トラフィックが現在指摘している、マレーシアは違法な象牙の主要な積み替え国であるということが、はっきりと立証されていることだ。

 シャイードラは、税関局の押収が成功したことについて称賛しながらも、マレーシアや他の関与国の両方について引き続き警戒を呼びかけた。

 「違法な野生生物取引は流動的だ。象牙の密輸者達は、マレーシアの港を使うにあたって今や窮地に追い込まれているため、闇市場でのビジネス存続のために、マレーシアから他に移動する可能性がある。」